龍舞バンギはロマンのポケモン、龍舞ないバンギは自慢のポケモン

ポケモンのオフやらレートやらで結果出した構築の紹介をメインに気ままに色々書くつもりです。

第1回SMC(2018年3月3日開催)優勝構築「わんぱくメガバンギって知ってる?」

初めましての方は初めまして、そうでない方も(ここでは)初めまして。よぎすけと申します。

先日行われたSMC(スーパーモロカップ)にて優勝した構築を公開させていただきます。

公開しようと思った理由は自慢のバンギラスの解説をしたかったからです。

パーティのコンセプトは「メガバンギラスで対面からミミッキュを倒す」です。

 

こいつ何言ってんだ、と思う方も多いと思いますがどうぞ最後までご覧くださいませ。

 

f:id:yogisuke:20180318182926p:plain

 

使用パーティは上記の画像のものとなっております。

では、それぞれのポケモンの解説に移ります。

 

 

 

 

バンギラスバンギラスナイト

 

特性:すなおこし

性格:わんぱく

技:がんせきふうじ、イカサマ、おいうち、ステルスロック

努力値:H252、A4、B124、D68、S60

メガシンカ時の実数値(207-185-204-×-149-99)

【主な調整】

A特化ミミッキュぽかぼかフレンドタイム+かげうちを確定耐え

がんせきふうじ1回で準速ミミッキュ(148)抜き

 

初見の方だとほぼ龍舞型だと思われる自慢のバンギラス

どうせランドでステロ撒いたり、ジャロで麻痺撒いた後に舞ってくるんだろと思われること請け合い。

ところがどっこい、この子はサポート型なのです。メガバンギの耐久舐めんな。

メガバンギラスの耐久種族値H100、B150、D120ですよ?

ガッチガチのガッチガチのガッチガチのガチガチですよ?

具体的に言えば砂嵐下なら耐久無振りでHぶっぱギルガルド以上の耐久ですぞ?

更に耐久振りたい欲求に駆られてしまうではあーりませんか。

そしてダメ計ツールをいじっていたらこのポケモン、耐久ガン振りしたらA特化ミミッキュぽかぼかフレンドタイムとかげうちを確定で耐えることが判明。

オマケにバンギラスはイカサマを覚える。

 

「よぎすけの わるだくみ!」

これって、もしかしてメガバンギラスで対面から悠長な行動を取りおるミミッキュ倒せるんじゃね?

という訳で行きついたのが冒頭のコンセプトである「メガバンギで対面からミミッキュを倒す」です。

耐久無振りミミッキュはA二段階アップした状態でタイプ一致イカサマで確一なので悠長なミミッキュにはキツイお仕置きをかましてあげましょう。

なお一般的なABミミッキュ(H151、A143、B125)の場合は剣舞積まれてもダメージが123~145しか入らないので砂ダメ(9)込みでも低乱数でしか倒せない。

ここテストで出るので覚えておくように。

 

まあ後述の通り最低限ミミッキュの皮をひっぺがして削り入れれば残りのポケモンでどうにかなるので何もバンギラスミミッキュを倒さなくともいいんですけど。

え?それだとコンセプトに反する?こまけぇこたぁいいんだよ!

 

 

霊獣ランドロスゴツゴツメット

特性:いかく

性格:わんぱく

技:じしん、がんせきふうじ、とんぼがえり、ステルスロック

努力値:H84、B236、S188(実数値:175-165-154-×-100-135)

 

ただの早いゴツメランド。

キノガッサをかなり意識しているも、今回はジャローダがいるので素直にHBに振り切るべきでした。

まあこれでもA一段階ダウンの特化メガバシャのフレドラを2耐えするので耐久は十分。

どうせHB振り切ってもA全振りグロスのれいパンはいかく込みでないと耐えないし。

半分回復きのみではなくゴツゴツメットを持たせているのはメガガルーラミミッキュに積極的にスリップダメージ入れたいためです。

後で紹介するジャローダフェローチェが微妙に火力不足なのでそれを補う役割を担っていただきました。

正直ランドは雑に使っても強い。

 

ジャローダ@マゴのみ

特性:あまのじゃく

性格:おくびょう

技:リーフストーム、めざめるパワー(炎)、やどりぎのタネ、みがわり

努力値:H172、B4、C68、D12、D252(実数値:172-×-116-104-117-181)

【主な調整】

A特化ミミッキュぽかぼかフレンドタイム確定耐え

A143ミミッキュぽかぼかフレンドタイムでマゴのみ確定で発動

 

嫌がらせも抜きエースもどっちもできる器用なポケモンです。

リフスト1発当てればほとんどのポケモンを強引に倒していける影のエースその1。

やどりぎとマゴのみで不利対面でもネチネチ削っていけるのが偉いです。

めざパは地面と悩みましたがどうせ最近のヒードランはチョッキ持ってたりDに厚かったり、スカーフ持ってたりするので炎にしました。

テッカグヤとやどりぎの通らないナットレイに有効打持てるのは大きいですし。

 

ジャローダORAS時代とSM初期で愛用していましたがゲッコウガアーゴヨンの台頭で使いにくいと感じ、しばらく使っていませんでした。

しかし逆に言えばその2匹いなければ暴れまわれるので依然強いポケモンだと実感できました。

実は某アグノム厨のあ〇ゅさんが使っていたのとほぼ(完全に)一緒の調整のポケモンその1。

 

フェローチェ@カクトウZ

特性:ビーストブースト

性格:おっとり

技:きあいだま、とんぼがえり、れいとうビーム、めざめるパワー(岩)

努力値:A36、C220、S252(実数値:146-162-51-203-57-203)

【主な調整】

とんぼがえりで耐久無振りゲッコウガ確定一発

きあいだまZでH実数値168までのメガメタグロス確定一発

同技でH実数値215、D実数値101までのカバルドン確定一発

れいとうビームでHDぶっぱ以外のメガボーマンダ(ほぼ)一発

 

3月1日か2日に厳選したポケモンです。

初手に出そうが2番手以降に出そうが仕事できるべっぴんさんにしてビーストブーストでCが上がる影のエースその2。

バンギラスを見るとホイホイ出てくるであろうゲッコウガメタグロス、Bに厚めカバルドン等々に強めです。

きあいだまZの破壊力は病みつきになりますがきあいだま自体はPP8のはねるです(3回打って全部外した)。

 

ギルガルド@たべのこし

特性:バトルスイッチ

性格:ひかえめ

技:シャドーボール、かげうち、キングシールド、どくどく

努力値:H204、B12、C252、D20、S20

シールド時(ブレード時)実数値:161-63(153)-172(72)-112(222)-173(73)-83

 

バンギ使っている時によく悩まされるメガメタグロスメガルカリオに後出しから仕事できるポケモンいないかなーと思った際にひらめいたポケモン

2匹ともシャドーボール+かげうちで倒せるのがすばらしい。

たべのこし持ちなのは過労死を防ぐため+ジャローダのやどりぎとあわせてネチネチしたかったので。

Sにちょっと振ってるのは遅めにポケモンに止めさすときに無駄に攻撃貰わないため。

正直中途半端に耐久振るくらいならDに4だけ振って残りをSに回すべきでした。

 

ミミッキュミミッキュZ

特性:ばけのかわ

性格:わんぱく

技:じゃれつく、かげうち、おにび、のろい

努力値:H164、A92、B236、D4、S12(実数値:151-122-143-×-126-118)

【主な調整】

ステロダメージ(砂ダメ2回)+A特化メガバシャーモフレアドライブ確定耐え

A全振り、A一段階アップのメガギャラドスたきのぼりをステロ+砂ダメージ入った上で確定耐え

 

ひじょうにかたいミミッキュです。

このパーティではジャローダフェローチェを通すのが一番の勝ち筋なのでその2匹の無双を邪魔するメガバシャーモに強めにしました。

バンギラスバシャーモが対面した時にも躊躇なくこの子に引けるのが便利。

あとついでにミミッキュ対策の筆頭であるメガギャラドスにも強いです。怯まされたら潔く降参しましょう。

剣舞がないのはこのミミッキュにはストッパー+嫌がらせの両方をしてほしかったため。

実は某アグノム厨のあ(ry

 

 

以上でパーティ紹介は終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパーティで潜ったレートのシーズン8では

最高レート1770、†最終レート1681†で8166位でした

このパーティは伝説のパーティとして語り継がれるでしょう・・・

 

ポケモン分かんないので誰か教えてください